コーヒーメーカーの種類と特徴

subpage-img

コーヒーメーカーは、電気でお湯を沸かして自動的にコーヒーを抽出する機器で、ドリップ式、カプセル式、エスプレッソ式、サイフォン式、パーコレーター式などの種類があります。

ドリップ式は最もポピュラーなコーヒーメーカーで、挽いた豆をセットしてタンクに水を注ぎスイッチを入れるだけの簡単操作でコーヒーが抽出されます。
また、ミル無しドリップ式とミル付きドリップ式の2種類に分類され、豆の挽き方を調整して濃さや味、香りなど豆から挽いたコーヒーを楽しみたいという人はミル付きドリップ式のコーヒーメーカーとなります。



カプセル式は、専用のカプセルとタンクに水をセットするとコーヒーが抽出されるシステムで、カプセルごとにコーヒーの種類やテイストが異なるので、いろいろな味が楽しめますが、ランニングコストがかかるので割高傾向にあります。



エスプレッソ式は、深く焙煎した豆を細かく挽き、圧力を加えながら抽出する方法で濃厚なコーヒーが味わえますが、機械が高価でスペースを必要とするので玄人向けの選択となります。



サイフォン式は、水蒸気の圧力を利用してコーヒーを抽出するシステムで、ロートやフィルター、フラスコなどの部品で構成され、薫り高く安定した味が楽しめますが、器具の使用や洗浄に手間が掛かります。

パーコレーター式は、本体上部にコーヒー豆をセットし、本体に水を入れ加熱するとパイプを通してコーヒー豆に浸透して抽出するシステムで、濃くて深い味わいになるのが特徴です。

top