コーヒーメーカーの種類と比較

subpage-img

コーヒーメーカーと一言で言ってもたくさんの種類があります。用途や使い方、コーヒーの楽しみ方で使用する機器が違ってきます。
また、コーヒーにこだわりを持っている人も多く、その人その人に応じたものを比較し使用しています。
よく使われている一般的なものは、ドリップ式のものです。
挽いた豆をセットし、水タンクに水を補充してスイッチをオンにするとお湯が沸騰しコーヒーが出来上がるものです。ここでいうドリップとはポタポタ落とす、しずくをたらすという意味でこのことばの通り、紙フィルターの上に挽いたコーヒー豆を置き沸騰したお湯をポタポタしずくのように落として作るものです。また最近ではコーヒー豆を挽く機能を装備しているミル式のものもあります。



この他の種類として挙げられるものではカプセル式があります。



これは最近流行しているもので、コーヒー豆から抽出するのではなく、豆を加工したカプセルを使用します。


カプセルを機器にセットし水タンクを補充しスイッチをオンにすると出来上がります。



どちらのコーヒーメーカーにもメリット、デメリットはありますが、比較するとまず本格的なコーヒーを楽しみたい点ではドリップ式が勝っています。豆の挽き方や水の量を調節し自分独自の味を作ることができます。
一杯の値段を比較すると安いのはドリップ式です。


カプセル式はカプセルが一個80円ほどになるのでどうしても割高になってしまいます。すぐにコーヒーが飲めるという点ではカプセル式が勝っています。

手間をかけず短時間でコーヒーが作れるので、忙しい時やオフィスなどでの使用に優れています。


このようにさまざまな場面でのコーヒーメーカーの使い方があります。

比較してそれぞれに合ったマシンを使い、コーヒーを楽しめます。

top