コーヒーマシンのそれぞれの特徴

subpage-img

一般的にコーヒーマシンというと、業務用の大型の機器を想像しますが、家庭用のコーヒーメーカーとコーヒーマシンとの厳密な違いというものは存在しません。どちらもコーヒーを抽出する機械という定義とされています。

コーヒーマシンには多くのタイプが存在するので、その特性を見極めてもっとも自分の生活にあった一台を探しだすことで、自宅でのコーヒーライフがより一層充実したものとなることは間違いないでしょう。



最も安価で一般的なのがドリップ式です。



コーヒー豆を挽いたものをセットし、水をタンクに注いでスイッチをオンにすることで自動的に抽出が完了するという方式です。

構造が簡単なために価格帯も大変リーズナブルなものから、ミル付きでコーヒー豆の状態から淹れることのできるもの、保温性の高い容器を使用したもの、好みの味わいを設定できる機能があるものなど、付加価値を多く搭載した高級機まであるというバリエーションの多さが魅力的です。


大きさも少人数向けの小型のものからオフィスに適した大容量のものまでさまざまですので、コーヒーを飲む人数に合わせて選択できます。最近人気が出てきているのは、ポーションをセットしてコーヒーを淹れることのできるものや、インスタントコーヒーを使用して美味しいコーヒーを抽出できるものなど、これまでのコーヒーマシンとは全く別のコンセプトを持った製品です。
これらは家電製品メーカーではなく飲料メーカーが発売しているもので、その味には定評があります。



ほかにもさまざまな方式がありますが、それぞれの特性や味を比較検討して、もっとも気に入ったものを見つけて購入すると良いでしょう。比較サイトやレビューなども参考にするのがお勧めです。


top